その後幕府を開いた頼朝公はその神恩に感謝し、佐助ヶ谷にその稲荷と思われる小さな祠をみつけだし、社殿を再建したといいます。 応永二十三年(1416年)、氏憲と満隆が挙兵し、鎌倉を制圧下に置きます(上杉禅秀の乱)。

8

これは、途中で気づいて押してくださいと言ってもダメで、あくまでもこの発願印は一番最初の札所であり、巡礼の途中ではできません。

6

歴代鎌倉公方 [ ] 代 名前 在職期間 備考 - (南朝:延元元年、北朝:建武3年) - (南朝:正平4年、北朝:貞和5年) 初代 (南朝:正平4年、北朝:貞和5年) - (南朝:正平22年、北朝:貞治6年) 2代 (南朝:正平22年、北朝:貞治6年) - (応永5年) 3代 (応永5年) - (応永16年) 4代 (応永16年) - (永享11年) で自刃。 今後の古都鎌倉史跡めぐりの中で、この頼家公以下13人ゆかりの場所をご案内することが増えるかと存じます。

こちらのページでは、この鎌倉御朱印5コースをご紹介していきます。

1180年(治承4年)鎌倉幕府を開いた源頼朝は、荏柄天神社を鬼門の守護神と仰ぎ社殿を整備しました。 ---------- 目次 ---------- 【口絵】鎌倉って何だろう? 【扉】鎌倉に立って前の800年、後の800年をながめてみよう。

20

1862年に が自害して武田家が滅亡すると、 に入った の家臣・ が「関東管領」を名乗ったとも言われています。

20