「一般型」のケアハウスは食事サービス、安否確認・生活相談サービスが提供され、介護が必要になった場合は外部事業者の在宅サービスと契約し介護サービスを受けます。 こちらの条件も入所前後訪問と似ています。

7

在宅強化型 次に在宅復帰に力を入れている施設を 在宅強化型の介護老人保健施設と言います。

5

60歳以上の方が入居対象で、バリアフリー仕様で緊急時対応サービスや安否確認サービスなどが受けられます。 「介護型」は介護1以上の方が対象となり、その施設のスタッフから介護サービスを受けることができます。

8

提供サービスがないところもあれば、見守りや家事援助サービスが提供されるところもあり、さまざまです。 予約なしの見学はスタッフも対応が難しいため、必ず予約を入れましょう。

12

施設数の多い首都圏では老健の待機者が少ない傾向にあります。 リハビリだけでなく、医療や看護、栄養管理、介護も徹底していて、入居者や家族にとって安心できる内容となっています。

実際に、2018年の福祉医療機構のデータによると、老健の平均在所日数は348. 栄養管理 定員100人以上の老健には、栄養士を1人以上配置することが定められています。

介護関連 食事や入浴、排泄や着替えの際に助けが必要であれば、 状況に合わせた介助を受けられます。 以下に解説いたします。 食事・入浴・排せつなどの身体介護、医師・看護師による医療的管理、理学療法士などによるリハビリテーションなどが提供されます。

19