JR福島駅の発車メロディに古関裕而さん作曲の「高原列車は行く」「栄冠は君に輝く」が採用され、福島駅東口駅前広場にはオルガンを弾く姿をデザインしたモニュメントが建てられました。

7

作詞の佐伯、歌の灰田がビクター専属だったので、例外的にビクターから発売された。 1957年「荷物片手に」(作詞:、歌:)• 引用:朝ドラ【エール】公式サイト 実在モデル古関裕而さんも福島の老舗呉服店「喜多三」の長男で、父親が買った蓄音機で音楽に出会い、10才で楽譜が読めるようになると独学で作曲にハマりました。 1970年 NHKラジオ「」テーマ曲(演奏:コロムビア・オーケストラ)• 人々の気持ちに訴える曲の力は、戦争にも利用され、戦時歌謡も手がけた。

2

(昭和10年)6月、古関が25歳の頃、調の「船頭可愛や」(詩:、唄:)が26万枚を売り上げる大ヒットを記録し、人気作曲家の仲間入りを果たす。

18

その後も 「暁に祈る」や 「若鷲の歌」など戦時歌謡を手掛る。 舞踊詩「線香花火」• に主催現代音楽祭作品公募のイギリス支部推薦作品としてノミネート。

太平洋戦争中 [ ] 中の古関は数々の名作、を発表した。

同名の歌が2曲存在する(現行の2代目の歌は作詞:酒井祐春、作曲:)。 五台のピアノのための協奏曲• 1940年「嗚呼」(作詞:、歌:、二葉あき子)• (2007年-2008年、原作:・、原案:、、)• また、戦後の古関は、の作曲を完全に諦めていたわけではなく、菊田と共同したミュージカル『敦煌』から交響組曲『敦煌』を編んでいる。

20

出兵する兵士やその家族が、この歌で別れを惜しみました。

15

ところによっては「メコンの舟唄」という表記もみられる。 福島の古関裕而記念館では、古関裕而さんの曲が現在も歌い継がれています。

1957年「」(監督)• 『竹取物語』の所在も知れないという。 月は宵から• 武満徹 02 古関裕而• (1979年)• 京都市立紫竹小学校校歌(作詞:)• 菅原は『竹取物語』のスコアを読んで驚き、古関にはよりも才能があったと、後年まで称賛している。

3