例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

三寒四温の今日この頃、皆様はいかがお過ごしのことでしょうか?• 三寒四温を繰り返しながらも、季節は春に近づいてきています。 前者の方は、実際にそのような言葉があってもおかしくなさそうですが、寒暖を繰り返しながらという意味の言葉は「三寒四温」しかありませんので、言い換えができない言葉となっています。 メールや手紙の 冒頭の挨拶とするなら、次の文例がおすすめ。

12
例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

三寒四温の意味とは? 寒い日と暖かい日が繰り返す 三寒四温の意味は、 「寒い日が3日ほど続いた後に、暖かな日が4日ほど続き、繰り返す」というもの。 三寒四温の会話例 風邪引きますよ。

3
例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

ですので、日本では三寒四温という言葉は冬の寒い気候からだんだん暖かくなるという意味でも使われています。 冒頭の挨拶としても、結びの挨拶としても使うことができます。

例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

なので、三寒四温という表現は中国や朝鮮では冬を表す表現となります。 「三」と「四」は日数を指しています。

16
例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

露往霜来 ろおうそうらい 「露往霜来」は、『 時が過ぎるのが早い』という喩えで用いられますが、「露が降りる秋が過ぎ去り、霜の降りる冬の季節が訪れる」という意味があります。 もう4月なのに 三寒四温にもならずまだ毎日が寒い。

16
例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

手紙を書く際は最初から要件を述べてしまうのではなく、はじめに時候の挨拶を述べます。 本来は冬の時期に三寒四温を用いいますが現在日本では時期や季節をずらし春先に三寒四温という言葉を用いています。 春という言葉が付く言葉だけでなく、春という言葉が付いていないのに春をイメージできる風情ある言葉や表現など、たくさん紹介されていますので、ぜひご覧ください。

18
例文 三寒四温 例文 三寒四温 例文 三寒四温

寒い日と暖かい日が数日ごとに繰り返されることを言うんです。

4