ãŠãĄã‚‰ã‚‚æē€čļŗ感ありīŧ īŧˆ60äģŖīŧ‰ 初めãĻぎäēēã¯å°‘é‡č˛ˇã„ã‹ã‚‰īŧ åĒšč–Ŧは量ãĢåŋœã˜ãĻ䞥æ ŧが違いぞす。 肉éŖŸåĨŗ子がåĸ—ãˆč‰éŖŸį”ˇå­ãŒåĸ—えたことも čƒŒæ™¯ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

「æŋĄã‚ŒãĻいるæļ˛īŧã™ãšãĻが愛æļ˛ã€ã€ã€ŒæŋĄã‚Œã‚‹īŧæ°—æŒãĄã„ã„ã€ã¨å‹˜é•ã„ã—ãĻいる場合もありぞす。 č†Ŗ不感į—‡ã¨ã¯č‡Ē分ぎマ゚ã‚ŋãƒŧベãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗではすぐイクぎですが、åĨŗ性ぎč†Ŗ内でいかãĒいį—‡įŠļです。

12

それでは、原際ãĢマ゚クがæŋĄã‚ŒãĻしぞうことãĢついãĻはおぎようãĒ寞į­–があるぎでしょうか。 įŸŗ隸をäŊŋわず洗いæ‚Ŗ部を䚞かしãĻ、čģŸč†ã‚’åĄ—ãŖãĻīŧ–æ—Ĩį›Žã§ã™ã€‚

į”Ÿæ´ģが不čĻå‰‡ãŽãŸã‚ã€č¨ˆã‚‹æ™‚間がマチマチです。 もしæŋĄã‚Œã™ãŽãĻお悊ãŋãŽæ–šãŒãŠã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰ã€å°‘ã—ã ã‘æ°´åˆ†ã‚’æŠ‘ãˆã‚‹ã¨č‰¯ã„ãŽã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚

10

č–„æ‰‹ãĒぎでã‚Ģバãƒŗぎ中でかさåŧĩらãĒいぎがåŦ‰ã—いですが、『ゴムがåŧąããĻずれる』というãƒŦビãƒĨãƒŧが気ãĢãĒりぞした。 。

11

į§ã¯åŽģ嚴夏ãĢ一åēĻæĩį”ŖしãĻいるんですが、子äŊœã‚ŠãŒã‚“ばり中は、排åĩ前垌やį”Ÿį†å‰ãĢäŊ“čĒŋがæ‚ĒかãŖãŸã‚Šã€ãŠč…šãŒį—›ããĒãŖたりしぞしたが、æĩį”Ŗ垌ぎ子äŊœã‚ŠãŠäŧ‘ãŋ中は全į„ļそういうį—‡įŠļがありぞせんでした。 æē€čļŗåēĻがéĢ˜ã„â€ĸ īŧˆå­Ļį”Ÿãƒģ 22æ­ŗīŧ‰ ポãƒĢチã‚Ē Xは、å…Ŧåŧ HPã‚ˆã‚ŠãŠč˛ˇã„æą‚ã‚ãã ã•ã„ã€‚ äēēãĢよãŖãĻは、パãƒŗテã‚ŖナイナãƒŧをつけるãĒお、 č‡Ē分č‡ĒčēĢぎ不åŋĢさをãĒくすためだãŖたり、ナブã‚ŋイム前ãĢ下į€ã‚’č„ąã„ã§ãŠãã¨ã„ãŖた、 パãƒŧトナãƒŧã¸ãŽé…æ…Žã‚’æ„č­˜ã—ãŸã‚‚ãŽãĒお、さぞざぞãĒ寞į­–ぎ取り斚があるようです。

3

『靴ã‚Ģバãƒŧ』『čļŗéĻ–だけ』『äŊŋい捨ãĻã€ã€Žé˜˛æ°´ã‚šãƒ—ãƒŦãƒŧã€ã¨č‰˛ã‚“ãĒ選択č‚ĸがありぞすが、これさえあれば雨ぎæ—Ĩぎ通勤や外å‡ēも大丈å¤Ģīŧ ãœã˛ãŠä¸€ã¤ã”į”¨æ„ã—ãĻãŋãĻはいかがでしょうか。 ãã“ã§ã€ŽéŠé´ãŽé˜˛æ°´ã‚šãƒ—ãƒŦãƒŧã€ã¨č¨€ãˆã°åŽšį•Ēぎã‚ŗãƒŦです。

14